*乳頭にキズができて痛い




授乳を頑張っているうちに乳頭にキズができてしまったり、血豆や水泡ができてしまい、ひりひりと痛みが生じることがあります。

その際に役立つのがラップです。

乳首に母乳を塗るか、もしくはラノリンなど赤ちゃんの口に入っても問題ない保護クリームを塗り、5センチ角に切ったラップで乳首を保護します。

乳頭のキズは休ませると必ず修復するので、痛みが軽減するまで繰り返し行いましょう。

できれば授乳の度にラップを交換すると清潔が保たれます。

ただ、おっぱいの湿潤環境を好む菌もいるため、必ず清潔を保ち、おっぱいの状態がよければラップ保護はやめるようにしましょう。


 また、乳頭に痛みがある場合は無理に授乳する必要はありません。例えば、夜のうちは授乳しないでミルクにしてみるなど、時には乳頭を休ませてあげることも大切です。


#産後 #ケア

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示